あなたの調査にあった成功率をあげる調査員の人数

探偵事務所のホームページを見ると「調査員2名◯◯◯◯◯円」とよく見かけますが、なぜ尾行調査は2名からが多いのでしょうか?

調査員の人数と役割

私のパートナーは徒歩しかないとか車しか使わないと思われてる方もいると思います、でも探偵調査員は情報にとらわれずに、色々な動きを想定して対応出来るようにしとかなければなりません。

徒歩尾行の場合

徒歩移動の対象者の場合の移動手段として、以下のような動きが考えられます。

  • 徒歩のみで移動する
  • バズを利用する
  • 電車を利用する
  • タクシーを利用する
  • 誰かの車に乗る

車両尾行の場合

車移動の対象者の場合の移動手段としては、以下のような動きが考えられます。

  • 車のみで移動する
  • 車をパーキングに停め徒歩移動する
  • 車をパーキングに停め誰かの車に乗る

徒歩や車を使う対象者でもこれだけの動きが予測されます。

動きを予測した調査員の配置

調査員1名の場合

上記のような動きを予測してみると、調査員1名では対応できない部分があり、調査が失敗に終わる可能性があります。

1名の場合はあまり動きのない対象者や、証拠撮りなどの場合に向いています。

調査員2名の場合

徒歩尾行の場合は、1名が徒歩尾行を行い、もう1名が対象者の動きによって車を移動させていき、誰かの車やタクシーに乗られた場合に対処できるようにします。

車移動の対象者が徒歩に変わった場合は、徒歩尾行の逆の動きになってきます。

調査員3名以上の場合

3名以上の調査員で調査を行う場合は、対象者の移動手段によって徒歩が数名になるか、車が数台になるかの違いになります。

ただ3名以上の場合の利点として、対象者が施設などに入った場合に、複数の出入口をおさえられたり、調査中に調査員の配置の入れ替えで、警戒を与えず調査が遂行しやすくなったりします。

調査員の平均人数を考える

上記のことを考えると、ある程度の動きに対処できるように、だいたいの尾行調査は2名からが無難ではないでしょうか。

調査員の人数はしっかり決めよう

すべての対象者の動きは違ってきます、ですので最初にしっかりと相談者のお話をお伺いし、また動きを予測して人数を決めて行くのが本来の探偵調査だと考えます。

相談者の話をろくに聞かずに「何名だから大丈夫ですよ」と答えるのは間違っており、また無駄に料金が発生していることもあります。

まずはしっかり相談する

調査が失敗して無駄に費用がかかったり、ひょっとして警戒や発覚してもう調査が出来なくなっては元もこうもありませんので、まずは探偵事務所にしっかり相談して、一番いい最適な方法で調査を行なってください。

それが無駄な費用を抑え、成功率をあげます。