浮気調査は複数日やる可能性も視野に入れておく事も大切

探偵事務所の規模にもよりますが、調査料金には大きな差がありますが、必ず1日だけで終わる浮気調査ならいいですが、対象者の都合で、複数日の調査になることもしばしばあります。

料金は探偵社によってこんなに違う

1日10万のところもあれば、1日70万円のところもあり、その差は1日60万円にもなります。この1日で証拠が撮れればよいですが、浮気調査の場合だと対象者や浮気相手の都合にもよりますので、なかなか都合よくラブホテルへ行ってくれることは少ないのが現実です。

何日か調査をする可能性も考えておく

対象者や浮気相手の都合や、不貞の証拠を複数日撮ることも最初に考えておかなければなりません。そうなると料金は2倍3倍と膨れ上がってきますので、最初にそのことも考えておく必要があります。

不貞の証拠が出る日を当てるのは難しい

最近は対象者が浮気相手と接触しそうな日を、スマホの履歴や、LINEなどのやり取りでだいぶ絞れるようになってきましたが、不貞行為をするかしないかは、浮気相手の都合も関係してきます。

ラブホテルへ行くだけの関係であれば問題はありませんが、それでも毎回行くとは限らず、食事だけの場合もあります。

慰謝料を上回る調査費で負担増

依頼者としては1日で不貞の証拠が抑えられなかったら、負担も大きくなってきます。そこで1日70万円もする探偵社に依頼していれば、2日で140万もかかり、調査日が増えるごとに膨大な料金になっていきます。

そこで証拠が撮れ浮気相手に慰謝料を請求しても、使った調査費以上に請求出来ない場合もあり、経済的負担が残られる方もいます。

まとめ

それぞれの探偵社の考えがあって料金設定がされていると思いますが、あまりにも高額な調査費のところは私は疑問に思います。また高額だから成功率が高いという事は絶対にありませんので、ご自身の状況にあった料金設定のところで、しっかりと状況を見極められる探偵事務所に依頼されることが良いでしょう。