ストーカー犯の確認からストーカー行為の証拠撮り


ストーカー行為をしている者は、自分ではその行為がストーカー行為にあたるという認識を持っていない者も多くいます。

ストーカー行為に悩む方からの相談

ご相談者はは20代後半の女性 横浜市在住

自宅の近くで同じ男性を見かけるようになり、その男性がこちらを見ているような気がして、恐くなりご相談に来られました。

またご相談者は接客業をしていましたが、お店にも一度男性が来たことがあったそうです。

男性は誰なのか?

その男性がどこの誰かわからないため、まずは男性の特定から調査を開始しました。

調査員を複数人配置し、男性に気づかれないようにご相談者を後ろから尾行することにしました。情報にあったよく見かける付近に来ると聞いていた特徴の男性を確認し、男性をマークすることに。

男性が判明する

ご相談者が帰宅してからの男性は、ご相談者宅付近を徘徊したりと繰り返して、近くに停めていた車に乗り込み1時間ほどしてから動き出しました。

男性の自宅はご相談者宅から15分ほど離れた古いワンルームマンションの一室でした。

男性の素行調査を開始

次の日から1週間男性の素行調査を開始することになり、男性の勤務先から行動パターンを細かく調べました。

結果的にご相談者との接点は特に見当たりませんでしたが、頻繁にご相談者宅付近に行き徘徊している姿や、ご相談者を見ている姿の撮影は出来ました。

調査終了後の対応

ある程度の証拠と相手の身元が判明したために調査を終了し、その結果を持ち今現在は最寄りの警察署に相談中です。

ただご相談者が不安なため、女性調査員が付き添い帰宅しています。

 

まとめ

ストーカー行為をする者は、自分勝手な思い込みや恋心からストーカーになる、ストーカー行為をしている感覚はないように思います。

24時間ご相談可能ですのでお気軽にご相談ください。

ストーカー対策|ピアレス探偵事務所